むし歯

当院のむし歯治療

浅いむし歯の治療は大部分1〜2回の治療ですみます。
深いむし歯の場合は、歯の神経(歯随)をとるかとらないかが重要なポイントです。神経近くまで進行したむし歯を1回で全部削ると神経が傷つき、保存できません。
むし歯を痛みのない範囲でできるだけとり、残りを消毒、殺菌して仮の詰め物を詰めます。しばらくすると生体防御の反応で神経とむし歯の間にバリアができます。その時に残りのむし歯をとり、最終的な詰め物を作ります。ただし、しみる症状が強かったり、痛みがある場合はやむをえず、神経をとる治療になります。

むし歯

むし歯がもっと進行し、根だけの状態になった歯は、抜くか、抜かないかがポイントになります。この場合は神経はほとんど死んでいて細菌により感染しています。 この神経が入っていた細い管を無菌的になるまで何回か治療し、再感染がしないように密閉します。(根の治療) 次にこの根を利用して金属で土台を作り、この上に歯の形をした冠をかぶせてもとの歯の形に再建します。ただし、残っている根が短すぎたり、咬んで痛かったり、腫れがひどい場合はやむをえず歯を抜くことになります。